営業プロ人材育成教育研修と認定試験・日本セールスレップ協会:東京都北区赤羽1-52-12
メールマガジン新規登録・バックナンバー

TOP
サイトガイド
新着情報
セールスレップ資格
資格登録者の方へ
全日程カレンダー
セールスレップ概要
日本セールスレップ協会の活動
セールスレップとは
セールスレップの発展
セールスレップ研修の歴史
人材育成の取り組み
企業内人材育成
企業内人材育成の取り組み

公的機関での支援活動
公的機関での人材育成活動

学校教育での取り組み
学校教育用プログラム
企業支援の取り組み
行政機関・産業支援団体の方へ
公的支援機関と連携した取組み

メーカーの方へ
販路開拓支援のご相談はこちら
広報
プレス最新情報
メールマガジン
協会の活動
協会概要
ご挨拶
活動内容
活動と沿革
組織体制
交通アクセス
プライバシーについて
日刊工業新聞 2006年12月1日
団塊キャリア活用
セールスレップ連盟 販路開拓で中小支援

セールスレップ連盟(東京都北区、北賢治代表、03・3598・6898)は、団塊世代を中心とした「販売サポート隊」を1日に開設する。団塊世代のもつ経験や人脈を生かし、中小企業の商品開発や販路開拓などをサポートする。月に1回「眼路開拓」研究会を開き、セールスレップについて知識を得た後、実際に企業の販路拡大や、商品開発支援に携わる。

企業の販売をサポートするセールスレップは、販売や商品開発のノウハウを持たない中小メーカーの販売促進の役割を担う。同連盟では07年に100万人が定年退職を迎えるにあたって、団塊世代のキャリアをセールスレップとして生かしてもらいたい考え。

日本セールスレップ協会が創設、運営するセールスレップ資格認定試験制度では、現在全国に300人の有資格者がいる。しかし地域によっては有資格者が少なく、セールスレップが手薄なところもあり、「ネットワークとしては弱みもある」(関係者)という。

販売サポート隊の開設には、セールスレップの普及や、ネヅトワークの強化を進める狙いもある。

PDFファイル